ホテルガストフ

ホテルガストフは、鹿児島中央駅東口から徒歩3分、甲突川に程近いエリアにあります。ガストフ(Gasthof)はドイツ語で家族経営の小規模の宿泊施設を指し、建物の中に宿泊客以外も利用できる飲食店を併設しているのが特徴とされます。

客室数は48、室内の調度やベッド、洗面台などは海外から直輸入したものが用いられ、落ち着いたインテリアでまとめられています。客室や廊下の照明や絵画なども工夫され、ヨーロッパのホテルのような雰囲気を演出しています。天蓋付きのベッドがある部屋は、特に女性に人気です。客室の多くで有線/無線のインターネット接続が可能で、ロビーでもパソコンの使用が可能です。

朝食は、1階ロビーで摂ることができます。バイキング形式で、さつま汁やさつま揚げ、奄美の鶏飯など鹿児島ならではのメニューが人気です。また、地下1階には個室も備えた居酒屋「きくや」があり、鹿児島の郷土料理や黒豚など、豊富なメニューを楽しむことができます。ホテル周辺には飲食店が多く、25の屋台が集まる「かごっまふるさと屋台村」にも徒歩で行けます。スーパーやコンビニも近く、食事の選択肢は豊富です。

建物内には15名~50名を収容できる大小のホールが7か所あり、会議や講演会、各種パーティーに使うことができます。インターネット回線やプロジェクター、カラオケなど各種設備が整っています。

About the author